フィリピン留学全般について

留学費用は学校、コース、お部屋の種類、期間などによって異なります。

一般的には4週間あたりの授業料、宿泊費(複数人部屋)、食費を含めると9万円~15万円前後が平均的です。その他に入学にかかる費用として、入学金、空港送迎費、海外送金費など、現地で支払う費用として、寮保証金、電気料金、教材費、ビザなどの費用があります。それらを含めた各国での留学費用の比較は以下のようになります。

留学先 \ 期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
 アメリカ語学留学 25~45万円 57~113万円 106~207万円
 イギリス語学留学 25~48万円 66~120万円 112~205万円
 カナダ語学留学 19~29万円 49~76万円 92~142万円
 オーストラリア語学留学 22~37万円 57~96万円 122~182万円
 ニュージーランド語学留学 26~32万円 67~79万円 131~146万円
 フィリピン語学留学 13~19万円 38~66万円 73~130万円

フィリピン留学は各国での留学と比較すると半分ほどの費用で留学が可能です。また、上記の費用のほかに航空券の料金、現地でのお小遣いがかかりますが、これらも日本から近くて物価の安いフィリピンの方が断然安くすみます。

フィリピン留学は費用だけでなく内容にも差があります。授業を比較すると、フィリピン留学では平均3時間以上のマンツーマン授業、8時間程のカリキュラムに対し、欧米での留学は大半が数時間程度の大人数での授業となります。フィリピンは費用面だけではなく、効果的に英語を学ぶという面でも優れた留学先です。

全体的に大学生や20、30代の方が割合としては高いですが、10代から70代まで幅広い年齢層の方々が留学されています。男女比はほぼ半々といったところです。英語のレベルは、まったくの初心者の方から留学経験がある方まで様々です。

年齢やレベルに関わらず、英語が上手になりたいという方であれば、フィリピン留学はきっとご満足いただけると思います。

まったく問題ありません。

元々フィリピン留学は英語が苦手な方向けに始まった留学であり、学校はマンツーマン授業が主体となっています。そのため個人のレベルに合わせた授業を行うことが可能です。講師陣は初めての方には慣れており、初心者への教え方も上手です。実際、初海外という方や英語をほとんど話せないという方も多くいらっしゃいますが、みなさん楽しんで勉強に励んでいます。

どうしても不安がある方は、日本人学生が多い学校や日本語でのサポートの手厚い学校を選ばれると良いかと思います。弊社も留学前の準備やご相談はもちろん、滞在中のケア、帰国までの全般的なサポートをさせて頂いていますので何でもご相談下さい。

フィリピンの英語は余計なスラングや複雑な言いまわしが少なく、シンプルで分かりやすい英語と言われています。

学校の講師達は皆、小学校から大学まで英語での教育を受けていて綺麗な発音で話します。 崩れのない英語なので、英語学習者にとってはかえって分かりやすいでしょう。オーストラリアやニュージーランドはブリティッシュ系の英語ですが、フィリピンでは発音や単語がアメリカ式のため、聞き慣れた北米系の英語が学べます。

街中には時々英語が話せない人や発音が悪い人もいますが、若い人達はほとんど問題ありません。フィリピンはテレビや映画、音楽、書籍などがアメリカから翻訳されることなくそのまま流通しているような環境です。英語が通じなくて困ることはほとんどありません。

語学学校について

各学校の日本人の割合はシーズンにより変化します。日本の夏休み、春休み期間になるとどの学校も日本人学生が多くなります。また、学校の経営が日系であれば日本人の学生が多く在籍していたり、セブ島以外だと日本人が少なかったりと、学校運営や地域によっても割合が変わってきます。

英語初心者や海外が初めての方には日本人学生が多い学校や日本語サポートの充実した学校が心強いかと思います。 一方で、日本人が多いと日本語での会話が多くなり、英語学習の妨げになると考える方もいらっしゃいます。どちらが良いとは一概には言うことはできません。自分の英語スキルと目的に合わせて、その人に合った学校を選ぶことが大切です。大事な学校選びです。ご相談をいただき、一緒に考えていきましょう。

学校によって異なりますが、ほとんどの学校でTOEICやTOEFL、IELTSの授業を受けることができます。試験対策としてフィリピン留学される方も少なくなく、TOEICなどの専門コースがある学校もあります。詳しくは各学校紹介ページをご覧いただくか、 お問い合わせいただければと思います。

フィリピンでのTOEIC、TOEFL、IELTSの公式試験を受験することも可能です。マニラ、セブなどで定期的に試験が行われています。ただ、試験の申し込みに数日、試験結果受け取りに数週間かかりますし、試験環境が日本で受けるよりも良くないことが多いです。お急ぎということでなければ、帰国してから試験されれることをお勧めします。

フィリピンでのTOEIC、TOEFL、IELTSの試験申し込みは以下をご参照下さい。

 

TOEIC

WEBサイト

https://www.eventbrite.com/o/hopkins-international-partners-7851394719

試験申請方法

  1. WEBサイトで試験日時、場所を指定する
  2. 受験料を(Listening&Reading Testは2,000ペソ)を指定の銀行(BDO、BPI)に振込む
  3. 振込明細書、パスポートのコピー、2cm×2cmのカラー証明写真をメールで送信する

※試験結果の郵送希望の際、フィリピン国内は200ペソ、日本へは2,000ペソかかります。受験会場に直接取りに行くことも可能です。

 

TOEFL

WEBサイト

https://v2.ereg.ets.org/ereg/public/jump?_p=TEL

試験申請方法

  1. WEBサイトで試験日時、場所を指定する
  2. クレジットカードにて受験料を支払う
  3. メールにて受験証が発行されるので印刷して持参する

※試験結果は2週間ほどで登録のメールアドレスに送られてきます。申込み時に希望すれば、紙でのスコアレポートが4〜6週間で指定先の住所に届きます。

 

IELTS

フィリピンのIELTS試験はブリティッシュ・カウンシルとIDPの2つの運営機関により行われます。それぞれのWEBサイトにてお問合せ、お申込みが可能です。

WEBサイト

https://www.britishcouncil.ph/exam/ielts/dates-fees-locations

https://philippines.ielts.britishcouncil.org/iorpsea/html/registration/selectExamTypeServlet.do

試験申請方法

  1. 以下のものを用意する
    ・パスポート原本
    ・パスポートのデータ
    ・6か月以内に撮った証明写真のデータ
    ・前回受験時の結果レポート(受験履歴のある方のみ)
    ・支払いのクレジットカード(Visa または MasterCard)
  2. WEBサイトで試験日時、場所を指定する
  3. クレジットカードにて受験料を支払う
  4. メールにて受験証が発行されるので印刷して持参する
  5. 後日、スピーキングテストの日時の連絡がメールもしくは電話で来るので予約する

※試験結果は2週間ほどで発送されます。日本への送付を希望される方は1,400ペソが別途必要になります。

マンツーマン授業3コマ、グループ授業3コマの平均的な学校のモデルケースです。

6:30 起床
7:00~8:00 朝食
8:00~8:50 マンツーマン授業
9:00~9:50 グループ授業
10:00~10:50 空きコマ
11:00~11:50 マンツーマン授業
12:00~13:00 昼食
13:00~13:50 グループ授業
14:00~14:50 空きコマ
15:00~15:50 マンツーマン授業
16:00~16:50 グループ授業
17:00~18:00 夕食
18:00~18:50 無料の任意参加のグループ授業 or 自由時間
19:00~22:00 自由時間(買い物、運動、自習など)
22:00 門限時間
23:00 就寝

学校やコース、授業時間数などによってスケジュールが変わってきます。

スケジュールに余裕があると感じる方はもう少し授業数の多いコース等をお勧めしますし、予習や復習をしっかりしたいという方には余裕を持ったスケジュールが良いかと思います。 ご自分にあった授業スケジュールをお選び下さい。詳細は各学校紹介ページをご確認下さい。

どの学校の寮にもベッド、机、収納、エアコンなどの基本的な設備は備わっています。学校によってはテレビ、冷蔵庫、金庫などがあるところもあります。洗面用具、シャンプー、リンス、トイレットペーパー、タオルなどの消耗品は個人での用意となります。

シャワーやトイレも通常はお部屋の中に完備されています。ただ、日本のホテルのようにウォシュレットやバスタブがあるという所はほとんどありません。フィリピンも近年は大分水回りの改善がされてきましたが、水圧の安定や水道供給環境はまだまだ日本のようにとはいきません。それでも、ほとんどの留学される方は問題なく生活されています。もし、より良い設備をご希望でしたら最新設備の整った新しい学校やホテルを寮として利用できる学校もご紹介しておりますのでご相談いただければと思います。

以前はどの学校も韓国料理のみという所ばかりでしたが、最近は日本人の口に合う料理を出してくれる学校も増えてきています。

全体的には、朝はパン、卵料理、ハム、ソーセージなどの洋食、昼と夕食はフィリピン料理、洋食、韓国料理という所が多いようです。やはり、学校によってメニューは異なり、一般的に韓国人学生が多い学校は韓国料理が多いですし、日本人学生が多い学校は日本人に向けた料理が出ることが多い傾向にあります。毎日の食事のことですので、学校選びの一つの参考にしていただけると良いかと思います。

寮や校内にてWi-Fi接続をご利用いただけます。パソコン、スマートフォン、タブレットを持参される方は24時間無料でインターネット接続が可能です。

しかし、フィリピンの国自体のインターネット速度があまり速くなく、日本よりも回線が不安定で、天候や時間帯、プロバイダの都合などにより接続が途切れたりすることもあります。動画の視聴や大容量のアップロード、ダウンロードも難しいことがあります。また、スマホなどで辞書アプリをご利用される場合は、オフラインで利用できるものをお勧めします。インターネット回線の問題によって生じた不都合や損害などは補償されませんので予めご了承下さい。

また、学校によっては学生が使える共有のPCがあったり、PCルームのパソコンをご利用いただけることもあります。パソコンなどを持参されない方はご参考頂ければと思います。

コンセントのタイプですが、フィリピンは日本と同じAタイプのコンセントなのでそのまま差し込めます。

電圧は、日本は100ボルトに対して、フィリピンは220ボルトとなっています。電化製品の定格表示シールや説明書の製品仕様欄に何ボルト対応という表記があります。その表記が『100V-240V』などと表記されているものはそのまま使用可能です。パソコンや携帯電話の充電器などはほとんど使用できると思いますが、念のためご確認下さい。

それ以外の電化製品は変圧器が必要です。特にヘアドライヤーやヘアアイロンのような熱の出る電化製品を変圧器なしで使用すると、火災の原因となりしますので十分にご注意下さい。変圧器は日本の家電量販店でも2,000~3,000円ほどで売っていますし、フィリピン現地のショッピングモールなどでも購入可能です。

学校によって寮の各部屋にセーフティーボックス(金庫)がある学校と無い学校があります。金庫がある場合にはそちらで管理しましょう。

無い場合は学校の事務室などで預かってもらうこともできます。電子機器などの預けることができないものは、自分のスーツケースに鍵をかけて保管するようにしましょう。基本的に貴重品は肌身離さずに携行するなど、各自の責任で管理をお願い致します。

留学準備について

基本的には、渡航の1ヶ月前までに入学手続きが完了するようにお願いしています。

人気の学校やハイシーズン時(12月~4月、7月~8月)のご入学には、数ヶ月前から空きがなくなることもありますので、できるだけお早めに準備をされることをお勧めしています。

逆に、学校の空きがあれば、直前になってもお申し込みは可能です。まずは、ご希望の学校の空きがあるかのお問い合わせをいただければと思います。

ほとんどの学校では毎週月曜日が入学日となっています。一週間単位で、一年を通していつからでも入学が可能です。

到着

ほとんどの学校の入学日は月曜日のため、前日の日曜日に到着するようにお願いしております。

空港まで学校スタッフがお迎えにあがります。日曜日に到着する便をとっていただき、到着時間を教えていただければ何時であってもお迎えは可能です。学校スタッフが指定の場所で学校名が書かれたプラカードを持っていますので、お声をかけていただければ学校までお連れします。

退去

基本的には最終週の土曜日が退去日となります。

学校によってチェックアウト時間がある場合や、日曜日まで滞在が可能な場合もありますが、基本的には土曜日のフライトをとっていただき、それに合わせて学校を出るという流れで大丈夫かと思います。

帰国時は入学時と違って、個人で空港まで向かうケースがほとんどです。タクシーを使って空港に行かれる方が大部分ですが、学校によっては有料の送迎サービスを利用できる場合もあります。

 

※空きがあれば、有料にて到着日の前倒し、退去日の延長が可能な場合もあります。

ビザ

日本国籍の方はパスポートと帰国の航空券(または第3国への出国航空券)があれば、フィリピン入国後30日間はビザ無しで滞在することができます。

30日以上の滞在については、現地にて滞在延長ビザ費用を支払うことにより、学校に延長手続きを申請してもらうことができます。 渡航前にビザを申請する必要はありません。

SSP

SSP(Special Study Permit)は、外国人がフィリピン国内の英語学校で学習するために必要な許可証で、フィリピン留学される方は全員申請が必要です。現地にて学校が学生に代わって申請をします。有効期限は6ヶ月です。

SSP申請に必要な書類、費用は学校により若干異なりますが、通常はパスポートと証明写真3枚~5枚(パスポート写真と同様のサイズ)、費用は6,000~6,500ペソ程度です。

ACR I-Card

ACR I-Cardとは、フィリピンに観光、留学、就業などの目的で60日以上滞在する外国人に取得が義務付けられている外国人登録証(Alien Certificate of Registration Identity Card)のことです。

これは移民局に登録された外国人のフィリピン法的居住資格の証明として使用され、フィリピンを訪れる外国人の管理を強化し、スムーズに身元の証明を行えるものとなります。60日以上留学される方は全員申請が必要となり、1年間有効です。

地域、学校毎に申請費用は異なりますが、3,000~3,300ペソ程度です。申請は現地にて学校が代行して行いますが、手続き上、学校スタッフと共に移民局に行って写真撮影や指紋採取などをする必要があります。

特にありません。帰国まで有効なパスポートと往復の航空券のみで、ビザ無しで入国いただけます。滞在に必要なビザやSSPなどの手続きは現地に到着してからとなります。

海外では思いがけないアクシデントが起こるものです。フィリピンのみならず、どの国に行くにしても海外旅行保険には加入することをお勧めします。

学校によっては保険加入が義務付けられているところもあります。フィリピンの物価は安いですが、医療費は日本と大きな差はありません。日本であまり病気やケガがなくても、気候や環境が違う海外では知らず知らずのうちに体には負荷がかかっています。万一に備えて加入しておく方が安心して留学生活を送れるでしょう。

 

フィリピンペソは日本でも銀行や両替所で用意することができますが、フィリピンで両替をする方がレートが良いです。現地到着後は、オリエンテーション時にショッピングセンターへご案内します。そちらで両替するようにして下さい。

ただ、フィリピンの空港で国内線へ乗り継ぎの際や、オリエンテーションまでお金が必要になることがありますので、日本や空港で数千円ほど両替しておいても良いかと思います。

その後、現地での生活で必要な現金は以下をご参考下さい。

両替

日本から持って来た現金はショッピングセンターなどにある両替所で両替するのが良いでしょう。

一般的には、日本の銀行 < 日本の空港 < フィリピンの空港 < ショッピングセンター という順でレートが良いと言われています。両替所では、パスポートかパスポートのコピーの提示を求められることがあります。身分証明書代わりにもなりますので、財布の中にパスポートのコピーを一枚入れておくと良いでしょう。

ATM

現金以外にも、現地のATMにて国際キャッシュカードやクレジットカードを使ってフィリピンペソを引き出すことが可能です。

国際キャッシュカードは預金を海外で現地の通貨として引き出すことのできるキャッシュカードです。カードに「PLUS」や「Cirrus」のマークがついており、現地で同じマークのついたATMで引き出すことができます。大手都市銀行などが発行していますので、一度確認しておくと良いかと思います。

同じく、現地ATMにてクレジットカードでキャッシングをすることも可能です。ATMに「VISA」や「Master」などのマークがついていますので、対象のカードであれば現金の引き出しが可能です。ただし、ご契約内容によってキャッシングができないこともありますので、渡航前にカード発行会社にご契約内容を確認しておきましょう。

現地銀行口座への送金

現地で口座開設して、そちらに送金するという方法もありますが、フィリピンでは外国人が口座開設をするのは少々面倒で時間もかかります。 ※詳しくはQ24をご覧ください。

トラベラーズチェック

ほぼ使用不可ですので、ご利用にならないことをお勧めします。

 

一ヶ月でかかる生活費は人によって様々です。学校内では食費や施設利用費をはじめ、洗濯や掃除の費用まで基本的に全て留学費用に含まれています。そのため、生活費はほとんどかかりません。主に、買い物や観光などでどれくらお金を使うかで変わってきます。週末に友達と外食をしたりするくらいであれば月1~2万円で済むこともありますし、アクティビティや旅行をされる場合は月5万円以上かかることもあります。 お金の管理は計画的に行いましょう。

ビザやSSPの申請、学生証や各種手続きのため、入学に必要な物として証明写真があります。円滑な手続きの為に事前に準備して持参していただくようお願いはしていますが、必要な写真サイズが日本の基準と違うため、日本では手に入りづらいのが現状です。また、写真料金もフィリピンの方が安いため、現地で撮る方も多くいます。ほとんどの学校で、持参したものでも現地で撮影したもので問題ないと言うことです。

以下は必要な証明写真の条件です。ご参考にしていただければと思います。

  • 写真サイズは2インチ×2インチ(5.08cm x 5.08cm)
  • カラーであること
  • 背景が白いもの
  • 全て同じ写真であること

学校によって必要な枚数や写真サイズが異なることがあります。詳細は学校申し込み後にご案内します。

必ず用意するものとしては、パスポート、往復の航空券、現金、
クレジットカード(国際キャッシュカード)、海外旅行保険などです。

そのほかにお持ちいただく物は人によって様々ですが、主なものをまとめてみましたので、 こちらをご参考下さい。

留学中に何かあった時は、現地駐在の学校スタッフがお手伝い致します。直接伝えるのが難しかったり、思うように伝わらなかったりする場合は、弊社にご連絡頂ければこちらからお伝えすることも可能です。

SNSやメッセージアプリなどでやりとりをされる方がほとんどかと思いますが、もし日本のご家族から留学中の方に緊急な連絡を取りたい場合もご連絡いただければ対応させていただきます。現地の学校に直接お電話いただくことももちろん可能ですが、国際電話になることと、対応が英語になる場合があることをご了承ください。

現地での生活について

フィリピンというと、発展途上国のイメージや時折聞く良くないニュースなどのため治安に不安を抱える方もいるかと思います。確かに統計を見ると、日本と比べて犯罪率は高いと言えます。しかし、これは日本が世界的に見て最も安全な国の一つであるということであり、逆に言うと外国のどこに行っても日本ほどの安全は無いと言うことです。

現地の状況を理解し、それにあった行動をすることで犯罪に巻き込まれるリスクを回避し、快適に過ごせるようになるでしょう。

フィリピンで一番気を付けなければいけないのがスリです。フィリピンは経済発展の真っ只中にありますが、まだまだ貧しい人も多くいます。そのため、外国人観光客を狙ったスリや窃盗被害に遭うケースが一番多いです。

以下のポイントにはお気を付け下さい。

  • 現金や携帯電話、電子機器などは特に狙われやすいです。必要最低限だけを持ち歩くようにしましょう。
  • 財布はズボンやリュックの後ろポケットに入れていると標的になりやすです。鞄類などはしっかりと前に抱えておくようにしましょう。
  • 派手な格好やアクセサリーを付けていると、お金を持っている観光客だとアピールしているようなものです。服装や持ち物も現地の雰囲気に合ったものを意識しましょう。

そのほか事件、事故に巻き込まれないよう、以下もご注意下さい。

  • 夜遅い時間に出歩くのはなるべく控えましょう。
  • できるだけ一人ではなく複数で行動するよう心がけて下さい。
  • 治安の良くないとされているような場所や危険そうな路地には近づかないようにしましょう。
  • 酔っ払って迷惑をかけることはトラブルの元となりますのでご注意下さい。
  • 繁華街で声をかけてくる人に注意しましょう。

日本の留学生が被害に遭うのは主にスリなどの金銭目的の犯罪で、強盗や殺人事件などの被害に遭ったという事例はほとんどありません。また、時々耳にする凶悪事件や、テロ活動が行われている地域の学校への紹介はしておりません。

学校を紹介しているセブや地方都市はフィリピン国内の中でも安全な地域です。更に、紹介している各学校では24時間体制のセキュリティーがあり、安心して過ごしていただけます。しかし、外国で生活しているということを認識し、日本と同じ感覚で行動しないという意識を持っていただくことは必要です。その意識が自分自身を守ることになります。

銀行口座開設

銀行口座開設はACR-Iカード(外国人登録証)をお持ちであれば可能です。ACR-Iカードは現地到着後に申請するので、早くてもお手元に届くまで1ヶ月ほどかかります。留学期間が数ヶ月あり、どうしても必要と言うことであれば開設もできますが、 口座維持費がかかったり、登録した支店でしかできない手続きもあったりと、利便性はあまり良くないようです。

ATM

国際キャッシュカード、クレジットカードに付帯するキャッシングサービスを利用することで現地のATMにてキャッシングが可能です。お持ちのカードに「Cirrus」「PLUS」「VISA」「MasterCard」と記載されているのをご確認下さい。ATMに同じように記載されているものがキャッシング対応となっております。現地のATMではフィリピンペソで受け取り、後日カード会社のレートと手数料で、日本円にて口座引き落としされる流れです。

※海外でキャッシングができるカードかは各カード会社にお問合せ下さい。
※現地にてキャッシングできないというケースもありますので、念のためカードは2~3種類ご用意下さい。

最近あったQ&Aについてはこちらもご覧ください