フィリピン留学全般について

留学費用は学校、コース、お部屋の種類、期間などによって異なります。

一般的には4週間あたりの授業料、宿泊費(複数人部屋)、食費を含めると9万円~15万円前後が平均的です。その他に入学にかかる費用として、入学金、空港送迎費、海外送金費、現地で支払う費用として、寮保証金、電気料金、教材費、ビザなどの費用があります。それらを含めた各国での留学費用の比較は以下のようになります。

留学先 \ 期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
 アメリカ語学留学 25~45万円 57~113万円 106~207万円
 イギリス語学留学 25~48万円 66~120万円 112~205万円
 カナダ語学留学 19~29万円 49~76万円 92~142万円
 オーストラリア語学留学 22~37万円 57~96万円 122~182万円
 ニュージーランド語学留学 26~32万円 67~79万円 131~146万円
 フィリピン語学留学 13~19万円 38~66万円 73~130万円

フィリピン留学は各国での留学と比較すると半分ほどの費用で留学が可能です。また、上記の費用のほかに航空券の料金、現地でのお小遣いがかかりますが、これらも日本から近くて物価の安いフィリピンの方が断然安くすみます。

フィリピン留学は費用だけでなく内容にも差があります。授業を比較すると、フィリピン留学では平均3時間以上のマンツーマン授業、8時間程のカリキュラムに対し、欧米での留学は大半が数時間程度の大人数で授業です。フィリピンは費用面だけではなく、効果的に英語を学ぶという面でも優れた留学先です。

10代の方から70代の方まで幅広い年齢層の方々が留学されています。全体的に、女性が60%、男性が40%くらいであることが多いです。

英語のレベルは、まったくの初心者の方から留学経験がある方まで様々です。特定の国で絶対にこれがしたいと言うのがあれば別ですが、そうではなく、純粋に英語を学びたいと言う方であればフィリピンでの留学に満足いただけると思います。

まったく問題ありません。

元々フィリピン留学は英語が苦手な方向けに始まった留学であり、学校は全てマンツーマン授業が主体です。そのため個人のレベルに合わせた授業を行うことが可能です。講師陣は初めての方には慣れており、初心者への教え方も上手です。経験上、初海外という方や、英語をほとんど話せないという方の方が多くおられるようです。

どうしても不安がある方は、日本人学生が多い学校や日本人スタッフ常駐の学校を選ばれるのが良いかと思います。留学前の準備やご相談はもちろん、到着時の空港ピックアップから滞在中のケア、帰国までの全般的なサポートをさせて頂いていますので何でもご相談下さい。

フィリピンの英語は余計なスラングや複雑な言いまわしが少なく、シンプルな英語で分かりやすいと言われています。

学校の講師達は皆、小学校から大学まで英語での教育を受けていて綺麗な発音で話します。 崩れのない英語なので、英語学習者にとってはかえってわかりやすいでしょう。オーストラリアやニュージーランドはブリティッシュ系の英語ですが、フィリピンは発音や単語がアメリカやカナダ式のため、聞き慣れた北米式の英語が学べます。

街中では時々英語ができない人や発音が悪い人もいるようですが、若い人はほとんど問題ありません。テレビや映画、音楽、書籍など、アメリカなどからそのまま来ているものが多く、英語が通じなくて困ることもほとんどありません。

語学学校について

各学校の日本人の割合はシーズンにより大きく変化します。やはり日本の夏休みや春休み期間になるとどの学校も日本人学生が多くなります。日本人学生が多いのは、MMBS(50~80%)で、バコロドエリアの学校は比較的少ないです。

英語初心者や海外が初めての方には日本人学生が多くいると心強いかと思います。 一方で、日本人の友達が多くできるとつい甘えてしまって日本語での会話が多くなり、英語習得の妨げになると考える方もいます。

日本人スタッフ(日本語ができるスタッフ)がいるかどうかも学校によって異なります。詳細は各学校紹介ページをご確認下さい。

日本人スタッフがいると、困ったことがあったり相談する時には便利ですが、 自分の力で何でもチャレンジしたいという方や英語の環境にどっぷりと浸かりたい方でしたら日本人スタッフがいない学校でも良いかと思います。どちらか良いかは自分の英語スキルと目的に合わせて決めましょう。

学校によって異なりますが、ほとんどの学校でTOEIC(場合によってはTOEFL)の授業を受けることができます。試験対策としてフィリピン留学される方も少なくなく、TOEIC専門のコースがある学校もあります。詳しくは各学校紹介ページをご覧いただくか、 お問い合わせいただければと思います。

フィリピンでのTOEIC、TOEFLの公式試験を受験することも可能です。マニラ、セブ、バギオで定期的に試験が行われています。ただ、試験の申し込みに数日、試験結果受け取りに数週間かかったり、試験環境は日本で受けるよりもよくない場合があったりするようです。お急ぎということでなければ、帰国してから試験されれることをお勧めします。

フィリピンでのTOEIC、TOEFLの試験申し込みは以下をご参照下さい。


WEBサイト

www.hopkins.ph

試験申請方法
  1. 近くのBDO銀行で試験料の納付
  2. 納付領収書、パスポートのコピー、2cm×2cmの証明写真をスキャンしてメールで送信
      送信先:register@hopkins.com.ph
  3. WEBサイトで試験日指定  www.hopkins.ph
試験費用
  • TOEIC Listening and Reading (L&R) test : P2,000
  • TOEIC Speaking and Writing (S&W) test : P4,500
  • TOEIC Speaking-only (S-only) test : P3,500
  • TOEFL ITP test : P2,000

※結果通知費用:フィリピンで受けとる場合はP200、日本で受けとる場合はP2,000かかります。

マンツーマン授業3コマ、グループ授業3コマのモデルケースの一日の流れです。

6:30 起床
7:00~8:00 朝食
8:00~8:50 マンツーマン授業
9:00~9:50 グループ授業
10:00~10:50 空きコマ
11:00~11:50 マンツーマン授業
12:00~13:00 昼食
13:00~13:50 グループ授業
14:00~14:50 空きコマ
15:00~15:50 マンツーマン授業
16:00~16:50 グループ授業
17:00~18:00 夕食
18:00~18:50 無料の任意参加のグループ授業 or 自由時間
19:00~22:00 自由時間 買い物、運動、自習など
22:00 門限時間
23:00 就寝

学校やコース、授業時間数などによってスケジュールが変わってきます。

スケジュールに余裕があると感じる方はもう少し授業数の多いコース等をお勧めしますし、予習や復習をしっかりしたいという方にはこれくらいのスケジュールでちょうどいいかも知れません。 ご自分にあった授業スケジュールをお選び下さい。詳細は各学校紹介ページをご確認下さい。

どの学校の寮にもベッド、机、収納、エアコンなどの基本的な設備は備わっています。学校によってはテレビ、冷蔵庫、金庫などがあるところもあります。洗面用具、シャンプー、リンス、トイレットペーパー、タオルなどの消耗品は個人での用意となります。

シャワーやトイレも通常はお部屋の中に完備されています。ただ、日本のホテルのようにウォシュレットやバスタブがあるという所はほとんどありません。あくまでもフィリピンでの一般的な設備の基準は満たしている所がほとんどです。

以前はどの学校も韓国料理のみという所ばかりでしたが、最近は日本人学生向けに日本人の口に合う料理を出してくれる学校も増えてきています。

全体的には、朝はパン、卵料理、ハム、ソーセージなどの洋食、昼と夕食はフィリピン料理、洋食、韓国料理という所が多いようです。やはり、学校によってメニューは異なり、一般的に韓国人学生が多い学校は韓国料理が多いですし、日本人学生が多い学校はそれほど辛い料理が出ない傾向にあります。毎日の食事ですので、自分の好みによってお選び下さい。

ほとんどの学校ではお部屋や学校内にてWi-Fi接続をご利用いただけます。パソコン、スマートフォン、タブレットを持参される方は24時間無料でインターネット接続が可能です。

しかし、フィリピンの国自体のインターネット速度があまり速くなく、日本よりも回線が不安定で、天候や時間帯、プロバイダの都合などにより接続が途切れたりすることもあります。インターネット回線の問題によって生じた不都合や損害などは補償されませんので予めご了承下さい。

また、学校によっては学生が使える共有のPCがあったり、PCルームのパソコンをご利用いただけることもあります。パソコンなどを持参されない方はご参考頂ければと思います。

まず、コンセントのタイプですが、フィリピンは日本と同じAタイプのコンセントなのでそのまま差し込めます。

次に電圧ですが、日本は100ボルトに対して、フリピンは220ボルトとなっています。電化製品の定格表示シールや説明書の製品仕様欄に何ボルト対応という表記があります。その表記が『100V-240V』などと表記されているものはそのまま使用可能です。パソコンや携帯電話の充電器などはほとんどがこのような表記の為、そのまま使用できると思いますが、念のためご確認下さい。

それ以外の電化製品は変圧器が必要です。特にヘアドライヤーやヘアアイロンのような熱の出る電化製品を変圧器なしで使用すると、火災の原因となりしますので十分にご注意下さい。変圧器は日本の家電量販店でも2,000~3,000円ほどで売っていますし、フィリピン現地のショッピングモールなどでも購入可能です。

学校によって寮の各部屋にセーフティーボックス(金庫)がある学校と無い学校があります。金庫がある場合にはそちらで管理しましょう。

無い場合は学校の事務室などで預かってもらうこともできます。電子機器などの預けることができないものは、自分のスーツケースに鍵をかけて保管するようにしましょう。基本的に貴重品は肌身離さずに携行するなど、各自の責任で管理をお願い致します。

留学準備について

基本的には、渡航の1ヶ月前までに入学手続きが完了するようにお願いしています。

人気の学校やハイシーズン時(12月~4月、7月~8月)のご入学には、数ヶ月前から空きがなくなることもありますので、できるだけお早めに準備をされることをお勧めしています。逆に、学校の入学枠の空きがあれば、直前になってもお申し込みは可能です。まずは、ご希望の学校の空きがあるかのお問い合わせを頂ければと思います。

ほとんどの学校では毎週月曜日が開講日となっています。入学枠に空きがあれば、毎週いつからでも入学が可能です。

到着

月曜日開講の学校では前日の日曜日に到着するようにお願いしております。

原則的に何時であっても空港へのピックアップは可能です。到着時間に学校スタッフが指定された場所で学校名を書いたプラカードを持っているので、お声をかけて頂ければ学校までお連れします。

 

退去

留学最終週の土曜日、もしくは日曜日が退去日となります。

学校によってチェックアウト時間の指定があるところもありますし、当日中に帰国することを考えると、皆さん午前中には学校を出られます。帰国時は学校からの有料の送迎サービスをご利用されるか、タクシーなどで空港に行かれる方が多いです。

※空きがあれば、有料にて到着日の前倒し、退去日の延長が可能な場合もあります。

ビザ

日本国籍の方は滞在期間+6ヶ月以上の残存有効期間のあるパスポートと帰国の航空券(または第3国への出国航空券)があれば、フィリピン入国後30日間はビザ無しで滞在することができます。

30日以上の滞在については、現地にて滞在延長ビザ費用を支払うことにより、学校に延長手続きを申請してもらうことができます。 渡航前にビザを申請する必要はありません。

SSP

SSP(Special Study Permit)は、外国人がフィリピン国内の英語学校で学習するために必要な許可証で、フィリピン留学される方は全員申請が必要です。現地にて学校側が学生に代わって申請をします。有効期限は6ヶ月です。

SSP申請に必要な書類、費用は学校により若干異なりますが、通常はパスポートと証明写真3枚~5枚(パスポート写真と同様のサイズ)、費用は6,000~7,000ペソ程度です。

ACR I-Card

ACR I-Cardとは、フィリピンに観光、留学、就業などの目的で60日以上滞在する外国人に 取得が義務付けられている外国人登録証(Alien Certificate of Registration Identity Card)のことです。

これは移民局に登録された外国人のフィリピン法的居住資格の証拠として活用され、フィリピンを訪れる外国人の監修を強化し、簡便に身元の証明を行えるものとなります。60日以上留学される方は全員申請が必要となり、1年間有効です。

地域、学校毎に申請費用は異なりますが、3,000ペソ程です。必要書類はパスポート写真と同様のサイズの証明写真2枚で、現地にて学校が代行申請します。

特にありません。有効期限の十分なパスポートと往復の航空券のみでビザなしで入国頂けます。滞在に必要なビザやSSPなどの手続きは現地に到着してからとなります。

海外では思いがけないアクシデントが起こるものです。フィリピンのみならず、どの国に行くにしても海外旅行保険には加入することをお勧めします。

学校によっては保険加入が義務付けられているところもあります。フィリピンの物価は安いですが、医療費は日本と大きな差はありません。日本であまり病気やケガがなくても、気候や環境が違う海外では知らず知らずのうちに体には負荷がかかっています。万一に備えて加入しておく方が安心して留学生活を送れるでしょう。

フィリピンペソは日本でも銀行や両替所で用意することができますが、フィリピンで両替をする方がレートが良いです。現地到着後は、オリエンテーション時にショッピングセンターへご案内します。そちらで両替するようにして下さい。

ただ、フィリピンの空港で国内線へ乗り継ぎの際やオリエンテーションまでお金が必要になることがありますので、日本や空港で最低限両替しておいた方がいいでしょう。

その後、現地での生活で必要な現金は以下をご参考下さい。

両替

日本から持って来た現金はショッピングセンターなどにある両替所で両替するのが良いでしょう。

一般的には、日本の銀行<日本の空港<フィリピンの空港<ショッピングセンターという順でレートが良いと言われています。両替所では、パスポートかパスポートコピーの提示を求められることがあります。財布の中にパスポートのコピーを一枚入れておくといざというときに便利です。

ATM

カード裏面にPlusやCirrusのマークの付いた国際キャッシュカードやクレジットカードがあれば、ほとんどすべてのショッピングセンターにあるATMで現地通貨のキャッシングができます。あまり現金を持ち歩くのは不安だと思いますので、必要に応じて現地でキャッシングするようにしましょう。

現地銀行口座への送金

現地で口座開設して、そちらに送金するという方法もありますが、フィリピンでは外国人が口座開設をするのは少々面倒で時間もかかります。 ※詳しくはQ24をご覧ください。

一ヶ月でかかる生活費は人によって様々です。学校内では食費や施設利用費をはじめ、洗濯や掃除の費用まで基本的に全て留学費用に含まれています。そのため、生活費はほとんどかかりません。主に、買い物や観光などでどれくらお金を使うかが変わってきます。週末に友達と外食をしたりするくらいであれば月1~2万円で済む場合もありますし、ダイビングや短期の旅行をされる場合は月5万円ほどかかることもあります。 計画的な留学を送りましょう!

学校に提出が必要なものの中に証明写真があります。

ビザやSSPの申請、学生証や各種手続きのために何かと必要になります。学校によって必要な枚数が異なりますが、以下の条件はいずれも同じですのでご参考下さい。

 

 

  • 写真サイズは2インチ×2インチ(5.08cm x 5.08cm)
  • カラーであること
  • 背景が白いもの
  • 全て同じ写真であること

※学校により必要な写真枚数は異なり、3~6枚必要です。念のため少し多めにお持ち下さい。
※ビザ延長申請の度に証明写真が1枚必要です。留学期間をご確認いただき、ビザの申請回数と同じ枚数ご用意ください。
※現地でも証明写真を撮ることは可能です。ただ、円滑な手続きの為にもご持参頂くようお願いします。

必ず用意するものとしては、パスポート、往復の航空券、現金、
クレジットカード(国際キャッシュカード)、海外旅行保険などです。

そのほかにお持ちいただく物は人によって様々ですが、主なものをまとめてみましたので、 こちらをご参考下さい。

留学中に何かあった時は、現地駐在の学校スタッフがお手伝い致します。直接伝えるのが難しかったり、思うように伝わらなかったりする場合は、弊社にご連絡頂ければこちらからお伝えすることも可能です。

スカイプやSNSなどでやりとりをされる方がほとんどかと思いますが、もし日本のご家族から留学中の方に緊急な連絡を取りたい場合もご連絡頂ければ対応させていただきます。各学校紹介ページにある現地の電話番号に直接ご連絡頂くことももちろん可能ですが、国際電話になることと、対応が英語になりますのでご了承ください。

現地での生活について

フィリピンというと、発展途上国のイメージや時折聞く良くないニュースなどのため治安に不安を抱える方もいるかと思います。確かに統計を見ると、日本と比べて犯罪率は高いと言えます。しかし、これは日本が世界的に見て最も安全な国の一つであるということであり、逆に言うと外国のどこに行っても日本ほどの安全は無いと言うことです。

現地の状況を理解し、それにあった行動をすることで犯罪に巻き込まれるリスクを回避し、快適に過ごせるようになるでしょう。

フィリピンで一番気を付けなければいけないのがスリです。フィリピンは経済発展の真っ只中にありますが、まだまだ貧しい人も多くいます。そのため、外国人観光客を狙ったスリや窃盗被害に遭うケースが一番多いです。

以下のポイントにはお気を付け下さい。

  • 現金や携帯電話、電子機器などは特に狙われやすいです。必要最低限だけを持ち歩くようにしましょう。
  • 財布はズボンやリュックの後ろポケットに入れていると一番の標的になります。鞄類などはしっかりと前に抱えておくようにしましょう。
  • 派手な格好やアクセサリーを付けているとお金を持っている観光客だとアピールするようなものです。服装や持ち物も現地の雰囲気にあったものを意識しましょう。

そのほか事件、事故に巻き込まれないよう、以下もご注意下さい。

  • 夜遅い時間に出歩くのはなるべく控えましょう。
  • できるだけ一人ではなく複数名で行動する方が良いでしょう。
  • 治安の良くないとされているような場所や危険そうな路地には近づかないようにしましょう。
  • 酔っ払って迷惑をかけることはトラブルの元となりますのでご注意下さい。
  • 繁華街で声をかけてくる人に注意しましょう。

日本の留学生が被害に遭うのは主にスリなどの金銭目的の犯罪で、強盗や殺人事件などの被害に遭ったという事例はこれまでありません。また、時々耳にする凶悪事件や、テロ活動が行われている地域の学校への紹介はしておりません。

学校を紹介しているセブや地方都市はフィリピン国内の中でも安全な地域です。更に、紹介している各学校では24時間体制のセキュリティーがあり、安心して過ごして頂けます。しかし、外国で生活しているということを認識し、日本と同じ感覚で行動しないという意識を持って頂くことは必要です。その意識の差が自分自身を守ることになるでしょう。

銀行口座開設

銀行口座開設はACR-Iカード(外国人登録証)をお持ちであれば可能です。ACR-Iカードは現地到着後に申請するので、早くてもお手元に届くまで1ヶ月ほどかかります。留学期間が数ヶ月あり、どうしても必要と言うことであれば開設もできますが、 口座維持費がかかったり、登録した支店でしかできない手続きもあったりと、利便性はあまり良くないようです。

ATM

国際キャッシュカード、クレジットカードに付帯するキャッシングサービスを利用することで現地のATMにてキャッシングが可能です。お持ちのカードに「Cirrus」「PLUS」「VISA」「MasterCard」と記載されているのをご確認下さい。ATMに同じように記載されているものがキャッシング対応となっております。現地のATMではフィリピンペソで受け取り、後日カード会社のレートと手数料で、日本円にて口座引き落としされる流れです。

※海外でキャッシングができるカードかは各カード会社にお問合せ下さい。
※現地にてキャッシングできないというケースもありますので、念のためカードは2~3種類ご用意下さい。

 

最近あったQ&Aについてはこちらもご覧ください